Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

夏野菜パワーで夏バテ予防を タキイ種苗2013年7月3日

一覧へ

 タキイ種苗は20?60代の男女340人を対象に「旬の野菜(夏野菜)に関する認知度、期待感」調査を行った。

 近年、農業技術の進化や品種改良などにより、さまざまな種類の野菜が年間を通していつでも食べられるようになった。しかし、このことは「旬の野菜」の時期がわかりづらくなることにもつななる。
 そこでタキイ種苗は、20?60代の男女340人を対象に、旬の野菜(夏野菜)に関する認知度や、夏野菜への期待感などについて調査を行った。その結果、「夏野菜を知っているか」の問いには「知っている」(65.9%)「聞いたことがある」(30%)との回答が得られ、「夏野菜」への意識の高さが伺える結果となった。
 タキイ種苗では、旬の野菜がもつパワーを知り、積極的な摂取による夏バテ予防、健康維持を呼びかけている。また、同社は黒皮の小玉スイカ「ブラックボンバー」や、ラグビーボール型カボチャ「ロロン」など、見た目に珍しくておいしい「オモシロ夏野菜」を販売している。

「ブラックボンバー」 「ロロン」 

(写真)
(左から)「ブラックボンバー」黒い皮が特長で冷蔵庫に入れやすいミニスイカ、「ロロン」極粉質で肉質はキメが細かく滑らかな舌触りと上品な甘さが特徴。


(関連記事)

タキイ種苗、茨城農場で新品種説明会(2013.06.28)

高糖度ミニトマト「オレンジ千果」 タキイ種苗(2013.05.27)

誰でも手軽に ノベルティー用野菜栽培セット (13.04.23)

4月9日は「よいPマンの日」 タキイがPR(2013.04.09)

・ピーマンの「苦味成分」を解明 タキイとお茶の水女子大(2012.03.22)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る