農機・資材 ニュース詳細

2013.06.28 
タキイ種苗、茨城農場で新品種説明会一覧へ

 タキイ種苗は6月26日、種苗・園芸店、JA、生産者、市場・流通関係者などを対象にした新品種説明会「夏期農場オープンデー」をタキイ茨城研究農場(茨城県稲敷郡)で開いた。雨の中、200団体800人が参加するなど盛況だった。

agur1306280801.jpg このイベントは、夏野菜の生育が充実するこの時期にあわせて、最新のトマト育成品種(黄化葉巻病、葉かび病耐性品種など)を中心にハウス・露地の展示、生産資材メーカーによる関連資材の展示などを行うもの。
 今回、注目が集まったのは、ミニトマト「オレンジ千果(ちか)」、ミズナ「京かなで」など。
 「オレンジ千果」は春まき用の新品種で、鮮やかなオレンジ色と食味の良さ、栄養価の高さが特徴だ。栽培しやすいため、家庭菜園でもつくりやすい。ミズナは本来、冬の鍋もの用の野菜だが、「京かなで」はこれを周年出荷できるように改良したもの。在ほ性が高く、調整も容易だ。
 そのほか、トマト「桃太郎」の新品種や、キュウリ「Vサマー」(東北限定発売)などの新品種が紹介された。

(写真)
「京かなで」を紹介するタキイ種苗のスタッフ(右)


(関連記事)

高糖度ミニトマト「オレンジ千果」 タキイ種苗(2013.05.27)

誰でも手軽に ノベルティー用野菜栽培セット (13.04.23)

4月9日は「よいPマンの日」 タキイがPR(2013.04.09)

・ピーマンの「苦味成分」を解明 タキイとお茶の水女子大(2012.03.22)

四つ葉のクローバー栽培セットをギフトに  タキイ種苗(2013.02.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ