野菜・果物 ニュース詳細

2013.12.11 
春植えバレイショ 作付・収穫量とも2%減一覧へ

 農水省は都府県の平成25年産春植えバレイショの統計調査結果を公表した。

 作付面積は2万4400haで、前年に比べて500ha(2%)減だった。10aあたり収量も1990kgで同2%下回ったため、収穫量は48万4500tで同2万4100t(5%)減った。出荷量は同1万200t(3%)減の29万4600tだった。
 県別の収穫量と割合は長崎が8万2900t(17%)でトップ。次いで鹿児島7万8100t(16%)、茨城4万1700t(9%)、千葉2万9100t(6%)と続く。作付面積では鹿児島が前年比4%増の3830haで、長崎の2900haを上回ったが、10aあたり収量が鹿児島2040kgに対し長崎2860kgと多かった。


(関連記事)

天候不良の影響 野菜類の出荷低調・価格上昇(2013.12.05)

肉用牛は回復 公庫が農業経営分析(2013.11.13)

原料用バレイショ生産費6.4%増加(2013.09.13)

春植えばれいしょ、収穫量3%増加  農水省(2012.12.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ