野菜・果物 ニュース詳細

2013.12.05 
天候不良の影響 野菜類の出荷低調・価格上昇一覧へ

 農水省は12月3日、向こう1カ月の野菜の主要14品目の生育状況と価格見通しを公表した。

 根菜類、葉茎菜類は11月前半の台風26号の影響があり、品目によっては病害が拡大し、出荷数量の減少と価格の上昇が起こっている。果菜類についても、天候の影響による着果不良や肥大の遅れがある。イモ類はおおむね順調。

 品目別で特徴的なものは次の通り。

▽ダイコン、ニンジン
 台風26号などの影響で小ぶり傾向。出荷数量が平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽ハクサイ
 台風26号の影響で病害が拡大し、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽ホウレンソウ
 台風26号とその後の曇雨天の影響で細身傾向。出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽レタス
 茨城で台風26号、静岡で曇雨天の影響があり、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽ナス、トマト、ピーマン
 曇雨天の影響で、12月前半は価格が平年を上回ったが、後半は出荷数量、価格ともに平年並みになる見込み。

 この見通しは、農水省が主産県や卸売会社からの聞き取りをもとに月ごとにまとめている。


(関連記事)

秋冬野菜、高値で推移 輸入品ニーズ強まる(2013.11.14)

台風26号の影響 ニンジン、ネギ、ナスの出荷減(2013.11.08)

キュウリ、ピーマンの価格が前年同月比倍に (13.11.06)

指定野菜の収穫・出荷量前年産並み 農水省(2013.08.29)

野菜産地、高温対策を 農水省(2013.08.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ