左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

天候不良の影響 野菜類の出荷低調・価格上昇2013年12月5日

一覧へ

 農水省は12月3日、向こう1カ月の野菜の主要14品目の生育状況と価格見通しを公表した。

 根菜類、葉茎菜類は11月前半の台風26号の影響があり、品目によっては病害が拡大し、出荷数量の減少と価格の上昇が起こっている。果菜類についても、天候の影響による着果不良や肥大の遅れがある。イモ類はおおむね順調。

 品目別で特徴的なものは次の通り。

▽ダイコン、ニンジン
 台風26号などの影響で小ぶり傾向。出荷数量が平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽ハクサイ
 台風26号の影響で病害が拡大し、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽ホウレンソウ
 台風26号とその後の曇雨天の影響で細身傾向。出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽レタス
 茨城で台風26号、静岡で曇雨天の影響があり、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る。

▽ナス、トマト、ピーマン
 曇雨天の影響で、12月前半は価格が平年を上回ったが、後半は出荷数量、価格ともに平年並みになる見込み。

 この見通しは、農水省が主産県や卸売会社からの聞き取りをもとに月ごとにまとめている。


(関連記事)

秋冬野菜、高値で推移 輸入品ニーズ強まる(2013.11.14)

台風26号の影響 ニンジン、ネギ、ナスの出荷減(2013.11.08)

キュウリ、ピーマンの価格が前年同月比倍に (13.11.06)

指定野菜の収穫・出荷量前年産並み 農水省(2013.08.29)

野菜産地、高温対策を 農水省(2013.08.01)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る