左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋冬野菜、高値で推移 輸入品ニーズ強まる2013年11月14日

一覧へ

 (独)農畜産業振興機構は11月12日、平成25年度第2回野菜需給協議会を開いた。生産者、流通、消費者団体など関係者が参加し、秋冬野菜の生産、流通、価格情勢や、今後の野菜流通の見通しなどを意見交換した。

◆キャベツ、ニンジン、ハクサイは高値で推移

 秋冬野菜の主要6品目のうち、冬キャベツ、冬ニンジン、秋冬ハクサイは、10月の台風の影響により出荷量が減り、11月の価格は前年を上回っている。さらに、冬ニンジン、秋冬ハクサイは、12月以降も前年と同じく平年を上回る価格で推移する見込み。
 秋冬ダイコン、冬レタスはおおむね順調で平年並み。
 タマネギは北海道で小玉傾向となり出荷量が減り、価格は安値だった前年を上回る見込みだ。国内産の作柄が悪いため、輸入品のニーズが高まっているが、中国産は人件費などの高騰により価格が高まっているため、米国産の取り扱いが増えているという。
 また、全体的に野菜相場が高値で推移しているので、輸入野菜に対する引き合いが強まっており、販売側では海外産地からの仕入れルートの開拓をすすめているという。

◆カット野菜、売り上げ好調

 販売店からは、「ブロッコリーの脇芽を袋に詰め放題で販売するとよく売れる」、「トマト、キュウリ、レタスは年間通じて売れるので、高品質や付加価値の付いたものを販売していきたい」などの意見が出された。
 そのほか、カット野菜が前年比2ケタの伸びで売れ行きが好調だとの報告があった。今後は、炒め物、鍋ものなど用途に応じたパックを、1パック500円程度で販売していくという。
 また、冷凍野菜については、輸入品の安全性に対する懸念から、消費者の間で国産冷凍野菜を望む声が出ていることが紹介された。


(関連記事)

台風26号の影響 ニンジン、ネギ、ナスの出荷減(2013.11.08)

キュウリ、ピーマンの価格が前年同月比倍に (13.11.06)

指定野菜の収穫・出荷量前年産並み 農水省(2013.08.29)

野菜産地、高温対策を 農水省(2013.08.01)

夏野菜価格、おおむね前年を上回る見込み(2013.07.24)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る