左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

夏野菜価格、おおむね前年を上回る見込み2013年7月24日

一覧へ

 農畜産業振興機構は7月18日、平成25年第1回野菜需給協議会を開いた。夏秋野菜の需給・価格動向については、府県産の在庫が潤沢なタマネギを除いて、「前年を上回るか、または前年並みの価格で推移する」見込みだ。

◆キャベツ高値傾向続く

 夏秋野菜の主要6品目のうち、タマネギを除いた5品目(夏秋キャベツ、夏ダイコン、秋ニンジン、夏ハクサイ、夏秋レタス)は前年を上回る価格で推移しているが、このうち夏秋キャベツを除いた4品目は9月には前年並みの出荷が見込まれるため、価格も前年並みに落ち着く見込みだ。
 高値傾向が続くのは夏秋キャベツだ。主産地からの出荷量は、長野は平年並みだが、群馬は生育初期の低温・乾燥の影響や6月の降雨の影響などで前年をやや下回り、北海道は雪融けの遅れ、干ばつなどの影響で前年を大きく下回る見込み。東京都中央卸売市場の卸売価格では、5月下旬ごろから安値だった前年の価格を上回り、7月上旬時点では前年より1kgあたり40円以上、過去5年平均と比べても30円以上高値で推移している。

◆包材高騰で野菜価格にしわ寄せも?

 そのほかの野菜品種では、スナップエンドウの販売量が拡大する可能性があること、加工・業務用野菜としてアボカド、ズッキーニなど汎用性の高い野菜が伸びていること、居酒屋を中心に九条ネギの需要が伸びていること、などが報告された。
 加工・業務用野菜は、昨年、高温の影響で根菜類の消費が伸び悩んだため、今後の天候を注視すべきだとの意見があった。また、包材などの価格が高騰しているため、野菜の販売価格にしわ寄せがくるおそれがあるという。
 輸入野菜については、中国産タマネギが、人件費の高騰、中国企業の販売戦略などの影響で価格が高止まりしていることなどが報告された。


(関連記事)

岩手県の8JA、都内で"いわて純情野菜"PR(2013.07.08)

夏野菜パワーで夏バテ予防を タキイ種苗(2013.07.03)

豆苗で野菜嫌いを克服しよう! 村上農園(2013.07.03)

ジャガイモ作付面積1700ha増 冬春野菜の需給(2013.06.13)

野菜・果物を食べる頻度増える JC総研の消費行動調査(2012.12.03)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る