野菜・果物 ニュース詳細

2013.11.06 
キュウリ、ピーマンの価格が前年同月比倍に一覧へ

 農水省は10月31日、平成25年9月の青果物流通統計を発表した。野菜は数量、価格とも前年同月に比べて上がったが、実はどちらも減衰だった。

【野菜】
 野菜の主要14品目の卸売数量は、前年同月に比べて3%減の65万4000tだった。
 1kgあたりの平均価格は229円で同31%上昇。とくにキュウリが同104%増の378円、ピーマンが同100%増の468円と前年の2倍を超えたのをはじめ、すべての品目で前年同月を上回った。

キュウリの卸売数量と価格(9月)

【果実】
 国産・輸入あわせた卸売数量は20万3000tで前年同月に比べて1%減った。
 国産8品目の1kgあたりの卸売価格は302円で同4%落ちた。特に日本ナシが同19%減の248円、リンゴが同16%減の240円、カキが同14%減の299円と1割以上低下した。一方、モモは同9%増の428円、ブドウは同7%増の550円、メロンは同5%増の354円と上がった。

ナシの卸売数量と価格(9月)


(関連記事)

「JGAP青果物2010」英語版を公表(2013.07.30)

青果物の生産者受取価格、微増 農水省が調査(2013.07.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ