野菜・果物 ニュース詳細

2013.08.29 
指定野菜の収穫・出荷量前年産並み 農水省一覧へ

 農水省は27日、平成24年産指定野菜(秋冬野菜等)と指定野菜に準ずる野菜の作付面積、収穫量、出荷量を公表した。指定野菜に準ずる野菜が前年産に比べて1%増え、ほかは前年産並みだった。

 秋冬野菜の作付面積は9万7800haで、前年に比べて1%減った。収穫量は315万tで前年産並み。出荷量は248万3000tで前年産より1%増えた。
 秋冬野菜に含まれない全期間のホウレンソウは作付面積2万1700haで、収穫量26万3500t、出荷量21万7800で、それぞれ前年産並みだった。
 指定野菜に準ずる野菜(野菜生産出荷安定法施行規則第8条に掲げる野菜26品目)は作付面積16万1000haで、前年産に比べ1%減少。収穫量は249万1000t、出荷量は208万1000tで、前年産に比べそれぞれ1%増えた。


(関連記事)

業務用野菜で合弁会社 JA全農とキユーピー(2013.08.27)

トマト好き、セロリが嫌い タキイが野菜調査(2013.08.27)

カットスイカを選ぶ人が半数以上 タキイが調査(2013.08.20)

野菜産地、高温対策を 農水省(2013.08.01)

夏野菜価格、おおむね前年を上回る見込み(2013.07.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ