野菜・果物 ニュース詳細

2013.08.27 
トマト好き、セロリが嫌い タキイが野菜調査一覧へ

 タキイ種苗は、8月31日の「やさいの日」を前に、全国の20歳以上の男女600人を対象に、野菜にまつわるイメージ評価や、家庭園芸の関心度などを調べた。その結果、好きな野菜はトマトが1位、嫌いな野菜はセロリだった。また、機能性野菜を「取り入れたい」は7割以上で、健康への関心度の高さを示した。

タキイ種苗の「桃太郎セレクト」 調査では、野菜が「大好き」と39.2%、「どちらかというと好き」が50.2%で、合わせて「野菜好き」が89.4%だった。理由は「健康によいから」「栄養があるから」が多く、健康志向を反映している。
 最も好きな野菜は、トマトが21%で5年連続トップ。年々人気が上昇しており、2位のジャガイモ、メロンの7.7%を大きく引き離した。最も嫌いな野菜はセロリ(12.7%)で2年連続1位。一方、子どもは、トマトが好き(30.5%)で、ゴーヤが嫌い(17.8%)で、ともに2年連続1位だった。
 家庭菜園は、現在やっているか、過去に経験した人は50.7%。始めた理由は「安全・安心のため」(28%)、「子どもの教育によいから」(23%)が多かった。家庭菜園で作っている作物はトマト(75%)がトップで、2位はキュウリ(37.8%)、3位ナス(35.2%)となっている。
 野菜に期待する栄養効果としては、「健康な体」が72.2%でトップ。続いて「血液をサラサラになる」(42.8%)、「便秘の解消」(38.7%)。野菜の機能性については。「知っていた」が16.5%と低いものの、「機能性野菜を食生活に取り入れたい」が76.2%に達し、機能性野菜への関心の高さがうかがえる。

(写真)
好きな野菜1位のトマト(写真はタキイ種苗の「桃太郎セレクト」)

全国20歳以上の男女に聞いた「好きな野菜」全国20歳以上の男女に聞いた「嫌いな野菜」


(関連記事)

8月31日やさいの日 JA全農が都内でイベント(2013.08.21)

カットスイカを選ぶ人が半数以上 タキイが調査(2013.08.20)

野菜産地、高温対策を 農水省(2013.08.01)

夏野菜価格、おおむね前年を上回る見込み(2013.07.24)

8月30日、都内で野菜シンポジウム(2013.07.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ