農政 ニュース詳細

2018.02.07 
仏の一部 家きん肉などを輸入停止一覧へ

・あひる農場で低病原性鳥インフル

 農林水産省は2月6日、フランスのモルビアン県およびジェール県からの生きた家きん、家きん肉などの輸入停止措置を講じた。

 これは、モルビアン県とジェール県のあひる農場において、低病原性鳥インフルエンザ(H5N2亜型、H5N3亜型及びH5亜型)の発生が確認されたことが、仏政府からわが国へ通報があったために取られた措置。
 この通報を受けて、農水省では同病のわが国への侵入防止に万全を期すため、同日、両県からの生きた家きん、家きん肉などの輸入を停止した。
同省は今回の輸入停止は、生きた家きんがウイルスに感染することを防止するためであり、食品衛生のためではないとしている。
 なお、財務省貿易統計によれば、同国からの輸入は2016年実績で、家きん肉が271t、家きんの臓器が127t、家きんの卵が851tとなつている。

 

(関連記事)
香川県 防疫対応を終了-鳥インフル(18.02.05)
豪州向け日本産柿の輸出が解禁へ(18.01.30)
香川の鳥インフル 欧州から渡り鳥で-農研機構(18.01.25)
米国ケンタッキー州からの家きん肉等禁輸を解除(17.08.28)
米国ジョージア州 鳥インフルで家きん肉等輸入停止(17.03.28)
スペインの家きん肉等輸入停止 鳥インフルで(17.02.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ