想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豪州向け日本産柿の輸出が解禁へ2018年1月30日

一覧へ

 農林水産省は1月26日にオーストラリア向けの日本産柿生果実の輸出が解禁されたと公表した。

 同国はこれまで、日本産柿生果実について、同国が侵入を警戒する病害虫がわが国で発生していることを理由に、臭化メチルくん蒸などの一定の植物検疫条件を満たしたもの以外の輸入を禁止してきた。このため同省では、日本産柿生果実の輸出が可能となるように、同国の植物検疫局との間で技術的な協議を積み重ねてきた。
 その結果、1月25日付けで同生果実の輸出に関わる同国の改正規則が公表され、これにより臭化メチルくん蒸処理によらない新たな植物検疫条件を満たす日本産柿生果実の日本からの輸出が可能になった。

 

(関連記事)
福島県における数農協の合併(2)(18.01.30)
香川の鳥インフル 欧州から渡り鳥で-農研機構(18.01.25)
日本のコメ輸出で動画配信を開始 農水省(18.01.23)
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大(18.01.22)
GI産品一堂に 千葉・幕張でフェスタ-JTB西日本(17.09.25)
日本の生柿、米国への輸出解禁 農水省(17.09.13)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る