農政 ニュース詳細

2018.01.30 
豪州向け日本産柿の輸出が解禁へ一覧へ

 農林水産省は1月26日にオーストラリア向けの日本産柿生果実の輸出が解禁されたと公表した。

 同国はこれまで、日本産柿生果実について、同国が侵入を警戒する病害虫がわが国で発生していることを理由に、臭化メチルくん蒸などの一定の植物検疫条件を満たしたもの以外の輸入を禁止してきた。このため同省では、日本産柿生果実の輸出が可能となるように、同国の植物検疫局との間で技術的な協議を積み重ねてきた。
 その結果、1月25日付けで同生果実の輸出に関わる同国の改正規則が公表され、これにより臭化メチルくん蒸処理によらない新たな植物検疫条件を満たす日本産柿生果実の日本からの輸出が可能になった。

 

(関連記事)
福島県における数農協の合併(2)(18.01.30)
香川の鳥インフル 欧州から渡り鳥で-農研機構(18.01.25)
日本のコメ輸出で動画配信を開始 農水省(18.01.23)
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大(18.01.22)
GI産品一堂に 千葉・幕張でフェスタ-JTB西日本(17.09.25)
日本の生柿、米国への輸出解禁 農水省(17.09.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ