Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

香川の鳥インフル 欧州から渡り鳥で-農研機構2018年1月25日

一覧へ

 1月11日に香川県で発生が確認された高病原性鳥インフルエンザの原因ウイルスは、昨年冬にヨーロッパで流行した型がシベリアに運ばれ、そこでユーラシアの野鳥に分布している型の一部遺伝子が混合したものであることを1月24日、農研機構が発表した。大陸を渡る野鳥が日本にもたらした原因ウイルスであり農研機構は「野鳥が運ぶ高病原性鳥インフルエンザウイルスが鶏舎内に侵入しないよう警戒が必要」と呼びかけている。

 香川県で発生した高病原性鳥インフルエンザの原因ウイルス(香川株)はすでにH5N6亜型であることが明らかになっている。また、このウイルスは静脈内接種試験で鶏を24時間以内に殺す高い病原性も示したという。 今回は、この香川株の8本の遺伝子の断片(遺伝子分節)をこれまでに知られているA型インフルエンザウイルスと比較した。
 その結果、8本のうち7本は昨年度ヨーロッパで流行したH5N6亜型に由来し、残る1本のNA型を決めるNA遺伝子はユーラシア大陸の野鳥に分布しているHxN6亜型(HxとはHA亜型が不明という意味)に由来していることが分かった。農研機構によると、2016-17年にヨーロッパで流行したH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスが渡り鳥の繁殖期に営巣地であるシベリアに運ばれ、そこでHxN6亜型鳥インフルエンザと一部遺伝子の混合が起きた株が生まれたとしている。これは遺伝子再集合と呼ばれ、由来が異なる2つのインフルエンザウイルスが、同一の細胞に感染した場合、細胞内で遺伝子の混合が起きる現象とされている。
 こうして出現したウイルスが渡り鳥の越冬期に日本に運搬されたと考えられる。また、香川株は昨年12月にオランダでオオカモメから分離された株と99%以上の相同性を示したことから、シベリアからはオランダにも渡り鳥が運んだことが考えられるという。

 

◆国内には2種類

 一方、昨年11月には島根県のコブハクチョウから同じくH5N6亜型が分離されているが、比較の結果、遺伝子的には近縁だが明確に区別が可能だといい、そのことからこの冬には国内には少なくとも2種類のH5N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスが侵入していることが考えられるという。

 

(関連記事)
香川県の鳥インフル、擬似患畜と確認 殺処分へ(18.01.12)
香川県で高病原性鳥インフル疑い例 11日再検査(18.01.11)
食用卵および卵製品 台湾向け輸出を再開(18.01.10)
米国ケンタッキー州からの家きん肉等禁輸を解除(17.08.28)
米国ジョージア州 鳥インフルで家きん肉等輸入停止(17.03.28)
デンマーク・スウェーデン 鳥インフルで家きん肉など輸入停止(16.11.28)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る