Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ感染 いまはリハビリ期間【消費者の目・花ちゃん】2020年7月2日

一覧へ

初めてフルマラソンに挑戦しようと思ったのは、10年ほど前だったと思います。当時、膝を痛めていてプールの中を歩くリハビリを行っていました。しばらくすると日常生活で膝の痛みを感じることはなくなりましたが、昔のように走りたいという思いはくすぶっていました。その思いに火をつけたのはNAHAマラソンでした。フルマラソンなど一度も走ったことがないのに、NAHAマラソンにエントリーし、歩くことから練習を始めたのです。

歩いている間は膝の痛みは殆どありませんでした。しかし、ジョギングに切り替えたら5分もすると両膝に痛みを感じました。ここで無理をするともとの木阿弥です。痛みを感じたら歩き、痛くなくなったら走りを繰り返す日々が続きました。あっという間に3ヶ月が過ぎ、後1ヶ月でNAHAマラソンの本番だというのに、まだ走ったり歩いたりを繰り返していました。

正直焦りました。そこで私がとった作戦は300歩走ったら次の100歩は歩くというものでした。つまり42.195kmを走りきろうとせず、1kmを7分のペースで300歩走り、1kmを11分のペースで100歩歩くと、平均8分/kmのペースで走るのと同じです。42.195kmだと338分となり、制限時間の6時間以内にゴールできると計算したのです。この作戦が思いの外成功し、私は走ったり歩いたりで初マラソンを完走できました。

新型コロナウイルスの感染拡大は一時的には沈静化しているようですが、まだ出口の見えない状況が続いています。一度にアクセルを全開にしたい気持ちはわかりますが、リハビリ期間だというぐらいの気持ちで無理をしないことが大切だと思います。しっかりしたマイルストンを設定し、アクセルを加減しながら、着実に前に進むことが大切だと思います。


本コラムの一覧は下記リンクからご覧いただけます。
【花ちゃん・消費者の目】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る