2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

先端科学も天候は変えられない【原田 康・目明き千人】2022年6月4日

一覧へ

毎年5月には山梨の南アルプスの農家から桃やスモモなどの季節の果実をネットで買っているが、今年はサクランボの出荷が出来ないとのことであった。

4月のサクランボの開花時期に25度以上の高温が続いた。サクランボの花粉が傷んで交配が不調のためにこの地域では今までに経験をしたことのない不作で、平年の20~30%の収穫で売り物になるサクランボがないので今年はお休みであった。

天候が農家に与えるダメージを改めて知らせる出来事である。コメ、野菜、果実は種まき、定植、受粉、結実、肥大が天候に合わせた栽培管理となる。沖縄、九州から北海道まで日本列島の各地域の四季の気候条件に合わせた作物、品種を選んでの栽培となる。稲作を例に見ると田植えから夏の生育期、秋の収穫まで農家は毎日田んぼを見て稲の生育状況、天候に合わせて田んぼの水を深くしたり浅くしたりの管理をしている。

現在は、「スマート農業」が普及しており、AIやICT等の先端技術を活用してロボットによる農作業の自動化、ドローンによる上空からの生育状況や、病虫害駆除、AIによる田んぼの水の管理の自動化などが普及している。

さらにデータのプラットフォーム「WAGRI」(ワグリ)によりいろいろなデータを集め分析をして活用をする体制も作られている。「WAGRI」・農業データ連携基盤は農研機構農業情報研究センターが事務局となり農産物、畜産物の生産から流通、気象など行政機関、各団体、企業等関係者が個別に集めているいろいろなデータを集約、共有、提供。生産から消費者まで関係する農家や各団体、行政機関、各団体、企業に提供をする体制も作られている。

このように先端の技術も農業をサポートする仕組みが出来てはいるが、稲の例のようにようやく収穫の出来る時期に異常気象の低温、高温、集中豪雨、台風が来るとこれまでの努力が水の泡となり、ほとんど収穫がゼロの災害が起きる。野菜や果実も同じ条件である。毎日の食卓に並んでいるご飯、野菜、果実、牛乳、卵、肉類はこのようにして作られていることを思い出すことが農業への理解を深めることとなる。

(原田康)

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る