人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

【新組合長に聞く】JA鳥取いなば(鳥取県)清水組合長「スーパー閉店への早急対応とブランド発信に力」2023年7月12日

一覧へ

今年新たに就任したJAの組合長に、直面する課題や今後の抱負について聞く「新組合長に聞く」。4月26日に選任されたJA鳥取いなば(鳥取県)の清水雄作組合長に聞いた。

清水組合長は、4月の総代会で、同JAの子会社で、県東部に展開するスーパー「トスク」の全店舗を閉店することになったことへの対応を喫緊課題として挙げた。「生活店舗事業ということに加えて、信用事業や共済事業をどうしていくかという再構築という意味合いもある大きな課題であり、早く一定の方向性を見出して組合員の不安の解消に努めたい」と語った。

JA人事_JA鳥取いなば代表理事組合長 清水雄作1.jpg清水雄作 代表理事組合長

農業振興に関しては、GI(地理的表示保護制度)を取得している「鳥取・ふくべ砂丘らっきょう」「こおげ花御所柿」といった特産品などを通して「いなばブランドの発信にさらに力を入れたい」と述べ、特産の梨や柿のリレー出荷などをさらに進めたいと抱負を語った。

また、米についても、令和4年産の鳥取県産米「星空舞」が食味ランキングで最高位の「特A」を取得したことを機に、「普及に向けて弾みがついたのでこちらにも力を入れていきたい」と述べ、品質の高い米づくりへの意欲を示した。

人事バナー2023_0410PC.jpg

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る