金融・共済 ニュース詳細

2016.10.04 
自動車共済加入者向け スマホアプリ「くるまのミカタ」一覧へ

 JA共済連は自動車共済加入者向けのスマートフォンアプリ「JA共済 くるまのミカタ」を10月3日から始めた。突然の事故や故障にあってもアプリを使うことで、レッカー・ロードサービスの手配を行うJA共済サポートセンターやJA共済事故受付センターに簡単に連絡が取れる。

自動車共済加入者向け スマホアプリ「くるまのミカタ」 主な機能は(1)レッカー・ロードサービスの要請をJA共済サポートセンターに、(2)事故の連絡がJA共済事故受付センターにできること。
 特にアプリを使うと、GPS機能を使った位置情報確認やトラブル状況を画像で送信して相手に伝えることができる。
 利用料は無料(通信料は利用者負担)。対象者はiPhoneやAndroidを使うJAの自動車共済の契約者や利用者。
 入手方法はアップル社のApp Store、グーグル社のGoogle Playで「くるまのミカタ」を検索する。あるいはJA共済ホームページからダウンロードサイトにアクセスする。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ