左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

給食の野菜に愛着を 児童向け動画をユーチューブで公開 JA東京中央会2020年6月2日

一覧へ

JA東京中央会は、都内で生産される農産物が給食になる過程などを収録した動画資材「わたしたちと都市農業~給食で食べる野菜を見に行こう」を作成し、動画投稿サイトユーチューブで公開している。


動画は、学校給食で都内の農産物を食べる子どもたちへ向けたメッセージを収録し、郷土愛を育み農業に興味をもってもらうことをめざした。
動画で紹介している野菜はコマツナ、キャベツ、ダイコン、ブロッコリー、サトイモなど都内の生産者が作る14種類。いずれも生産者が、農産物の説明や栽培のポイントの他、旬の時期やおいしい食べ方を紹介している。また、給食を作る厨房を撮影した「畑の野菜が給食になるまで」では、生産者から届いた野菜が手際よく調理され、教室に運ばれて子どもたちがおいしくいただく様子や、食器を返す際に「ごちそうさまでした。おいしかったです!」と元気にあいさつする様子などが収められている。一連の動画を見ることで、畑で収穫された野菜が運ばれ、学校で消費されるまでの流れをあらためて実感できる。


「わたしたちと都市農業~給食で食べる野菜を見に行こう」の動画をまとめたDVD「わたしたちと都市農業~給食で食べる野菜を見に行こう」の動画をまとめたDVD

同会は2017年度から都と連携して動画作成の取り組みを開始。近隣に農地やJAがない、または少ない空白行政区の学校給食に都内の畜農産物を提供する食農教育活動の一環で作成した。空白行政区への農産物提供は17年度からの3年間で60トンを超えている。

中央会の須藤正敏会長は「動画を通じて農家の苦労や農業の魅力を感じ、東京農業を応援してほしい。休校中の児童らが自宅で地域の食と農業を学び、学校が再開したときに、また元気に給食を食べてもらいたい」と話す。

動画はユーチューブの他、都内の全市区町村教育委員会へDVD版で配布した。


「東京農業1102」JA東京中央会:チャンネル


動画に登場する生産者の撮影マップ動画に登場する生産者の撮影マップ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る