人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

農場で実施可能なメタン排出量推定法による資材のメタン削減効果 検証方法を明確化 農研機構2024年3月27日

一覧へ

農研機構と兵庫県は共同で、黒毛和種肥育牛を対象として開発した簡易な消化管内発酵由来メタン排出量推定法の精度を検証。この推定法を用いて、メタン削減を目的とした資材の効果を調べる際に必要な個体数を明確にした。これらの情報は資材によるメタン排出量削減効果を農場で検証する際の最適な試験設計の構築に活用でき、黒毛和種肥育牛からのメタン排出量削減を目的とした研究・技術開発の加速化が期待される。

メタン排出量の正確な測定設備のヘッドボックス(前方および後方から撮影)メタン排出量の正確な測定設備のヘッドボックス(前方および後方から撮影)

ウシの消化管内で発生したメタンはゲップによって大気中に排出されるが、温室効果ガス削減の観点から、ウシからのメタン排出量削減技術の開発が求められている。これまで、ウシからのメタン排出量の正確な測定には、チャンバーまたはヘッドボックスといった特別な設備が必要であることがメタン排出量削減のための研究を進める上で制限要因となっていた。そのため、農研機構が代表を務めた気候変動緩和コンソーシアム(2017~2021年度)では、スニファー法により測定した呼気中メタン二酸化炭素濃度比を使った簡易なメタン排出量推定法を「ウシルーメン発酵由来メタン排出量推定マニュアル」において、メタン排出量削減に関心をもつ研究機関や飼料メーカーらを対象に提案した。

スニファー法による黒毛和種肥育牛からの呼気測定スニファー法による黒毛和種肥育牛からの呼気測定

同研究ではマニュアルで提案した、黒毛和種肥育牛を対象とするメタン排出量推定法の精度を検証。この推定法を用いて、資材給与によるメタン削減の効果を調べる際に必要な個体数を明らかにした。

これらの情報は、資材のメタン削減効果を農場で検証する際の最適な試験設計の構築に活用できる。同成果により、研究機関や飼料メーカーらによる黒毛和種肥育牛からのメタン排出量削減技術開発の加速化が期待される。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る