JAの活動 ニュース詳細

2019.01.21 
飛騨高山高校が連覇  和牛甲子園一覧へ

 JA全農が主催する第2回和牛甲子園は1月17、18日に東京都内で開かれ、昨年に続き岐阜県立飛騨高山高校が総合優勝した。

第2回和牛甲子園受賞者のみなさん

 和牛甲子園は、将来の担い手への支援、将来の担い手のネットワーク創出を目的に、全国の高校で和牛を肥育している「高校牛児」たちが和牛の肉質と日頃の活動を競う合う大会。昨年の15校を上回る11県23校が参加し28頭が出品された。
 総合優勝は昨年に続き岐阜県立飛騨高山高校。4人のメンバーは「先輩たちが昨年優勝したのでプレッシャーがあったが、自分たちの努力が実ってうれしさでいっぱい」(石井里佳さん)、「飛騨牛らしい雌牛が肥育できた」(神田純さん)、「不安もあったが優勝できて喜びを味わうことができた。これからも飛騨牛をつくっていきたい」(山田恵大さん)などと喜びを語った。また、体験発表をした宮前七海さんは「うまく発表できるか心配だったが、本番になると楽しさが出てきた」と話した。
 同校メンバーはJGAP取得に取り組んだほか、飼料を変えることによる牛の変化などを観察してきた。山田さんは農業大学校に進学した後、実家での飛騨牛肥育を継ぐという。また、石井さんは酪農学園大に進学し卒業後は教師になって「飛騨牛づくりの担い手を育てたい」と話す。
 審査講評で審査委員長の多田耕太郎教授は「昨年よりレベルが向上した。みなさんのエネルギーが日本の畜産を支える。おいしいものを食べれば人は笑顔になる。世界に幸せを届ける産業だ」と畜産の担い手として激励した。
 JA全農の桑田義文常務は「創意工夫ある活動に驚き、高い肉質に驚愕した。TPPや日欧EPA発効で牛飼いは楽とはいえないが若いみなさんの熱意で道は拓けると確信した」と話しJAグループとして来年からも和牛甲子園を開催し、高校牛児の思いを支えていくと強調した。
 その他の受賞は以下の通り。

(枝肉評価部門)
【最優秀賞】鹿児島県立曽於高等学校
【優秀賞】栃木県立那須拓陽高等学校、岐阜県立飛騨高山高等学校
【優良賞】鹿児島県立鹿屋農業高等学校、鹿児島県立市来農業高等学校

(取り組み評価部門)
【最優秀賞】鹿児島県立市来農芸高等学校
【優秀賞】岐阜県立飛騨高山高等学校、岩手県立水沢農業高等学校
【優良賞】岐阜県立加茂農林高等学校、鹿児島県立鹿屋農業高等学校、長崎県立諫早農業高等学校
 

(写真)総合優勝した飛騨高山高校のみなさん。左から神田純さん、山田恵大さん、宮前七海さん、石井里佳さん。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ