Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農が「お米甲子園」に特別協賛 2019年9月3日

一覧へ

 JA全農は、12月1日に千葉県木更津市で開かれる「第10回全国農業高校 お米甲子園」に特別協賛する。

お米甲子園

 お米甲子園は、高校生たちが育てたお米を、穀粒判別器・食味分析計・味度計といった「機械による鑑定」と「人による官能検査」により、そのおいしさを競う大会。

 JA全農は、お米甲子園の最高位「最高金賞」を獲得した高校に、副賞として「全農賞」を贈る。
 このお米甲子園は、米・食味鑑定士協会が主催し、食・農の未来を担う高校生たちが、「日本のお米」に誇りを持ち、その伝統を受け継ぐとともに、さらなる発展を目指してほしいとの趣旨で開催され、今回で10回目となる。
 なお、お米甲子園では、高校生たちが育てたお米のおいしさを競うほか、各校が栽培方法の工夫や地域との連携などの取り組みをプレゼンし、その内容を競う「プレゼンテーション部門」も行われる。
 JA全農は、この大会への特別協賛を通じて、農業高校生のお米づくりに対する情熱を応援するとともに、国産米への関心を高めて、消費拡大をすすめるとしている。

【開催概要】
▽名称:第10回全国農業高校 お米甲子園
▽日時:12月1日(日)
 ※11月30日、12月1日開催の「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」に併催
▽場所:かずさアカデミアホール(千葉県木更津市かずさ鎌足2?3?9)
▽主催:米・食味鑑定士協会「米・食味分析鑑定コンクール」木更津大会実行委員会
▽特別協賛:JA全農

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る