JAの活動 ニュース詳細

2019.09.03 
JA全農が「お米甲子園」に特別協賛 一覧へ

 JA全農は、12月1日に千葉県木更津市で開かれる「第10回全国農業高校 お米甲子園」に特別協賛する。

お米甲子園

 お米甲子園は、高校生たちが育てたお米を、穀粒判別器・食味分析計・味度計といった「機械による鑑定」と「人による官能検査」により、そのおいしさを競う大会。

 JA全農は、お米甲子園の最高位「最高金賞」を獲得した高校に、副賞として「全農賞」を贈る。
 このお米甲子園は、米・食味鑑定士協会が主催し、食・農の未来を担う高校生たちが、「日本のお米」に誇りを持ち、その伝統を受け継ぐとともに、さらなる発展を目指してほしいとの趣旨で開催され、今回で10回目となる。
 なお、お米甲子園では、高校生たちが育てたお米のおいしさを競うほか、各校が栽培方法の工夫や地域との連携などの取り組みをプレゼンし、その内容を競う「プレゼンテーション部門」も行われる。
 JA全農は、この大会への特別協賛を通じて、農業高校生のお米づくりに対する情熱を応援するとともに、国産米への関心を高めて、消費拡大をすすめるとしている。

【開催概要】
▽名称:第10回全国農業高校 お米甲子園
▽日時:12月1日(日)
 ※11月30日、12月1日開催の「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」に併催
▽場所:かずさアカデミアホール(千葉県木更津市かずさ鎌足2−3−9)
▽主催:米・食味鑑定士協会「米・食味分析鑑定コンクール」木更津大会実行委員会
▽特別協賛:JA全農

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ