Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

道の駅でサクランボ消費拡大キャンペーン JA南アルプス市2020年6月17日

一覧へ

JA南アルプス市は6月13、14日の2日間、新型コロナウイルス感染症の影響で販売に苦戦するサクランボ農家を支援するため、同JAが運営する道の駅しらね農産物直売所でサクランボ消費拡大キャンペーンを行った。

サクランボを買い求める来店者(山梨県南アルプス市で)サクランボを買い求める来店者(山梨県南アルプス市で)

キャンペーンでは、店内全品を5%割引で販売したほか、店舗外で全農パールライスの米の販売や、県内で農業を営む女性のグループ「やまなし農業女子」がキッチンカーでスムージーなどを販売。悪天候にも関わらず、2日間で前週末の約2倍を売り上げた。

サクランボの産地である同JA管内では、サクランボ狩りをする観光客の減少などで農家の収入に影響が出ている。同店でも毎年開催しているイベントが中止になるなど、厳しい状況が続いているが、消費者からは連日、サクランボを求める問い合わせが届いていた。

初日の13日は、雨が降る中、大勢が来店し店内に並んだサクランボ「佐藤錦」や「紅秀峰」などを次々に買い求めた。

来店した女性は「サクランボがお得に買えて嬉しい。家で食べるのが楽しみ」と笑顔を見せていた。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る