Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

旬の「岡山県産アスパラガスと連島ごぼうフェア」 JA全農2021年7月20日

一覧へ

JA全農は、直営飲食店舗「みのるダイニングさんすて岡山店」で7月20日~8月8日の期間、「岡山県産アスパラガスと連島ごぼうフェア」を開催している。

提供メニュー例提供メニュー例

岡山県産のアスパラガスは、降水量の少ない"晴れの国"の土地柄を活かし、主に露地で栽培している。そのため、太陽の光を直接浴び、しっかりと光合成することで、緑が濃く、栄養分をたっぷり含んだ甘みのあるアスパラとなる。

露地アスパラは4月下旬から5月末頃まで「春芽」が出荷される。その後6月末までの約1か月間株を養成し、7月から9月にかけての約3か月間「夏芽」を出荷している。

連島ごぼうは、通常のゴボウに比べ色が白く、肉質も柔らかでアクが少なく、甘みがあるのが特徴。地域で育まれた伝統と特性を有する農産物として、岡山県で初の「地理的表示(GI)保護制度」に登録され、同県を代表するブランド野菜の一つとなっている。

フェア期間中は、岡山の気候を活かして育てられた同県産「アスパラガス」とブランド野菜の「連島ごぼう」をふんだんに使用した特別メニューを提供。同フェアを通じて、岡山野菜のおいしさをアピールする。

【メニュー提供概要】

○期間
7月20日(火)~8月8日(日)

○実施店舗
みのるダイニング さんすて岡山店
住所:岡山県岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山南館2F
営業時間:11時~21時(時短営業中)

○提供メニュー(価格は全て税込、店内価格)
「岡山県産アスパラガスと連島ごぼうのロコモコ風プレート」(1419円)
「岡山県産アスパラガスと生ハム巻きフライ定食」(1309円)
「岡山県産アスパラガスと連島ごぼうのアヒージョ」(1199円)
「増量!連島ごぼうのからあげ」(539円)
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、フェア開催内容が変更となる場合がある。

【実施店舗詳細】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る