JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

出資配当3% 33.9億円実施 2020年度決算-JA全農2021年8月2日

一覧へ

JA全農は7月30日の総代会で2020年度決算とともに剰余金処分案を了承した。出資配当は3%、33億9000万円を実施する。

2020年度未処分剰余金は117億円3300万円。任意積立金から4600万円取り崩し合計117億8000万円を剰余金処分額とした。

このうち利益準備金は定款の規定で12億2000万円積み立てる。出資配当は計画より1%上乗せして3%を実施。配当額は33億9000万円となった。

任意積立金は▽激甚災害に備えた災害対策積立金(1億1800万円)、▽新規事業開発を進めるための事業開発積立金(6億5100万円)、▽新たなシステム開発など情報システム開発積立金(7600万円)、▽海外原料の価格変動影響を緩和する海外原料価格安定積立金(26億6200万円)、▽米の買取販売実施にともなう予期せぬ損失に備えるための米穀価格安定積立金(10億円3200万円)、▽農薬開発積立金(2億1900万円)など。

米穀価格安定積立金は米価下落が確実視されることから1年ぶりに積立てる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る