おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

世界ジュニアカーリング選手権出場「SC軽井沢クラブJr.」を"ニッポンの食"で応援 JA全農2022年5月18日

一覧へ

JA全農は、スウェーデンのヨンショーピングで、5月15日に開幕した「世界ジュニアカーリング選手権大会2022」に出場しているカーリングジュニア女子日本代表チーム「SC軽井沢クラブJr.」を「ニッポンの食」で応援。ジュニア女子日本代表への食事サポートは今大会が初めてで、お米やみそ汁などを提供した。

「ニッポンの食」を手に笑顔のカーリングジュニア日本代表「SC軽井沢クラブJr.」のメンバー「ニッポンの食」を手に笑顔のカーリングジュニア日本代表「SC軽井沢クラブJr.」のメンバー

JA全農は、チームが海外でも普段通りのパフォーマンスができるよう、各自の希望をもとに、出国前に商品を提供。全農が運営する産地直送サイト「JAタウン」の掲載商品や、全農グループ取扱い商品を中心に精米、ご飯のおとも、フリーズドライのみそ汁、日本茶などを渡した。日本代表チーム「SC軽井沢クラブJr.」のメンバーにはニッポンエールのドライフルーツが人気だった。

JA全農はジュニア世代の選手の活躍も「ニッポンの食」を通じて応援するため、2020年度にカーリングジュニア日本代表のオフィシャルスポンサー契約を締結。ジュニア女子日本代表への食事サポートは今大会が初めてとなる。

提供した「ニッポンの食」提供した「ニッポンの食」

「SC軽井沢クラブJr.」のメンバーは、2021年11月に開かれた「第30回日本ジュニアカーリング選手権大会」で優勝し、日本代表となった。「ニッポンの食」をパワーに変えて、2年ぶりとなる世界選手権に挑んでいる。食材を受け取った荻原詠理選手は「遠征先でも美味しい日本食を食べられるのはとても幸せ。沢山食べて、最後まで力強いプレーができるよう頑張ります!」とコメントを寄せた。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る