おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

資材高騰 苦境の現場の声を政策提言 JA全青協新執行部2022年5月20日

一覧へ

JA全青協(全国農協青年組織協議会)は5月19日に第69回通常総会を開き、佐藤崇史会長ら新執行部が発足し20日に記者会見を開いた。

左から都倉副会長、佐藤会長、稲村副会長左から都倉副会長、佐藤会長、稲村副会長

佐藤会長は今年度のスローガンを「我々の活動の先にわれわれの成長がある。成長の先に明るい農業、農村がある」を掲げたと話し、学習を通じて盟友が「日本の農業、農村を引っ張っていける存在に成長していくこと支援する」と意気込みを語った。

12年目を迎えたポリシーブックによる政策提言活動にさらに力を入れるとともに、第29回JA全国大会で決議した「次世代総点検運動」に盟友が積極的に参加し、地域の未来をしっかり議論することが「自らの成長につながる」と強調した。

稲村政崇副会長は「スローガンのもと一丸となって進み、JA青年組織の成長を支えていきたい」と話し、都倉貴博副会長は「ポリシーブックを通じて学ぶ姿勢を理解し、盟友が経営を見直すきっかけづくりもしていきたい」と抱負を話した。

生産現場は資材価格の高騰に苦しむ。

佐藤会長は「自分たちでできる範囲は超えている、何とかしてくれという悲鳴が上がっている。これを政策提言につなげ納得できるまで何回も行っていきたい」と述べた。

今後の農政については、「再生産が可能になる政策と、食料自給率をしっかり上げていくことが大事で、われわれには国内農業の力で国民の食卓を支えるという気持ちがある」と述べ、「(国内農業が大切なことを)消費者が理解することが大事」「過疎の中山間地域に人が住む農地や山に手を入れていることがどんな意味を持っているのか。自分たちも発信するが、国策として理解醸成を図るべきだ」と強調した。

○新執行部のメンバー
会長:佐藤崇史(JA江刺青年部)

副会長:稲村政崇(JA北いしかり青年部)

副会長:都倉貴博(JA兵庫南青壮年部)

理事:折笠明憲(JA福島さくら青年連盟)

理事:八高啓輔(JA北群渋川青年部)

理事:北川敏匡(JAいがふるさと青年部)

理事:渡邉幸浩(JA京都市青壮年部)

理事:武内誠(JAYOUTH広島市)

理事:前原祐樹(JAいぶすき青年部)

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る