左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

「ひとくち農家プロジェクト~米づくりからはじめる『国消国産』~」開設 JA全中2023年4月5日

一覧へ

JA全中は4月3日、JAグループが提唱する『国消国産』を多くの人に体感してもらうため、産経新聞社と連携。同社のクラウドファンディングサイト「ホワイトキャンバス」内に、「ひとくち農家プロジェクト~米づくりからはじめる『国消国産』~」を開設した。

「ひとくち農家プロジェクト~米づくりからはじめる『国消国産』~」開設 JA全中

国消国産は、JAグループが提唱する"国民が必要として、消費する食料は、できるだけその国で生産する"という考え方。

現代人にとって、食べ物を自ら作り育てる体験、農業を知る体験は容易ではなく、生産の体験をふまえて、日々食べる物や生産者に思いを馳せる機会も少ない。同プロジェクトは、国消国産がより身近になり、持続可能な農業の実現に向けて、日々の食生活が豊かに感じられる企画を目指す。

同プロジェクトでは、群馬県のJA邑楽館林の協力を得て、田植え・稲刈りの体験や、2018年に農研機構が開発した米の新品種「にじのきらめき」を味わえるなど3種類の購入プランを用意した。プロジェクトに賛同することで、「食」を生み出す農業の価値への理解を深め、日本農業のファンになることで、日本農業の未来を拓くことにつながる。

「にじのきらめき」は、地球温暖化による高温の影響で問題となっている米の品質低下に対応するために開発された高温耐性に優れた品種。虹のように多彩な特性を持ち、ご飯の炊きあがりが艶やかであることからと命名された。

同プロジェクトには、群馬県邑楽郡板倉町の農家・小林信哉さんが協力。館林から板倉近辺は、冬の日照時間が全国一長いとされ、「にじのきらめき」の栽培に適している。米作りにおいては「とにかく、おいしいということ」にこだわる小林さんは、体に良く、製法にも安心・安全にこだわって米を生産している。

◎購入プラン内容
■Aプラン
「ひとくち農家・ご賞味プラン」 8000円(500口)
<リターン>
(1)実ったお米(にじのきらめき)5kgを自宅に配送
(2)オンラインイベント参加権(10月21日実施予定)
(3)ひとくち農家プロジェクト オリジナルTシャツ

■Bプラン
「ひとくち農家・収穫プラン」1万8000円(70口)
<リターン>
(1)実ったお米(にじのきらめき)10kgを自宅に配送
(2)オンラインイベント参加権(10月21日実施予定)
(3)ひとくち農家プロジェクト オリジナルTシャツ
(4)収穫祭への参加権(現地での稲刈り体験ほか 9月16日実施予定)

■Cプラン
「ひとくち農家・体感プラン」2万8000円(30口)
<リターン>
(1)実ったお米(にじのきらめき)20kgを自宅に配送
(2)オンラインイベント参加権(10月21日実施予定)
(3)ひとくち農家プロジェクト オリジナルTシャツ
(4)収穫祭への参加権(現地での稲刈り体験ほか 9月16日実施予定)
(5)田植えイベント参加権(現地での田植え体験ほか 5月20日実施予定)

最新の記事

シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る