BASFヘッドPS:大豆剤
バイエルクロップサイエンス:PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

JAの活動:今村奈良臣のいまJAに望むこと

【今村奈良臣のいまJAに望むこと】第91回 中山間地域、とりわけ棚田地帯を生かす和牛の放牧をいかに推進し実践すべきか(第6回)2019年7月13日

一覧へ

今村奈良臣・東京大学名誉教授

1. 農産物貿易、自由化で惨状を呈す

 世界文化遺産として知らない人は居ないほどに著名となった群馬県富岡市にある富岡製糸場。この暑い夏でも小・中学校の修学旅行生をはじめとして見学者は毎週数万人にのぼっているという。
 水田のわずかなこの地域は、昔から養蚕とコンニャクの主産地であった。
 ところが、1962年の生糸の輸入自由化、さらにガット・ウルグアイラウンドの95年のコンニャクの輸入割当制度の廃止で、この地域の農業ならびにJA甘楽富岡は壊滅的な打撃を受けることになった。JA甘楽富岡の輸入自由化前の農産物の売り上げは約83億円であったが、この主産物2品目の自由化により一挙に激減し、実に10億円に縮小するという惨状を呈してしまった。

 

2. 関東有数の野菜産地へ転換

 このような惨状を前に、当時のJA甘楽富岡の営農事業本部長の黒澤賢治氏は「ベジタブルランドかぶらの里」という農業改造・振興計画を策定・指導・実践され、生糸・養蚕・コンニャクからの大転換を推進中であった。そのすばらしい計画のあり方と実践を推進する姿に私の心は打たれ、新しい農協の活動を目指す全国研究組織としての「JA-IT研究会」の創立に参加し、その代表委員を勤めさせられることとなり、黒澤賢二氏は副代表委員となった。その活動の中で、JA甘楽富岡は、生糸とコンニャクから見事に脱出し、関東有数の野菜売地へと転換し、下仁田ネギに象徴される銘柄品をはじめとして、多彩な野菜・きのこ類なども次々と生産・供給する野菜ときのこ大産地へと転換した。

 

3. "Challenge 500"の策定と実践

 この黒澤さんに、私は、研究会の終わったあとのある日一献傾けながら、「甘楽富岡は黒澤さんの指導のもとに見事な野菜産地として生まれ変わったが、まだ傾斜地には桑畑の廃園があちこち見受けられるし、里山はかずらの巻きついたクヌギや杉の木が多いが、牛の放牧でこれを餌にしてきれいにしたらどうか。この地域にはかつて名牛とうたわれた『紋次郎』の血を引く牛もいるのではないか」と提案したことがあった。
 黒澤さんは、この私の問いを強烈に受け止めてくれて『Challenge 500』という計画を作り、すぐに実践に着手してくれた。
 その計画表が別表である。

 

Challenge 500の推進状況(黒澤計画と実績) 【今村奈良臣のいまJAに望むこと】

 この計画はほぼ予定通り超過達成しながら達成し、とうとう昨年(2018年)には母牛の放牧頭数は2000頭に達し、「先生、もう放牧すべき里山はもちろん、奥山の放牧可能な山林は無くなりました。これからは私はいま群馬県森林組合連合会の会長をしているので、県庁にも話し、また各市町長や市町村の森林組合長にも話して里山はもちろん放棄され荒廃している棚田は県下各地に山ほどあるので、そこに放牧するように話しています。県庁の関係部局も熱心になり、今のところ県下の全市町に拡がりつつあります。いずれ近いうちに群馬県は全国有数の仔牛(肥育素牛)の供給地域になるのではないかと思っています」と胸を張って話してくれた。
 こういう実践事例を通して痛感することは、どの分野においてもすぐれた熱意にあふれた地域リーダーがいるかいないかで、地域農業の盛衰は決まるということである。全国各地の皆さんの奮起をお願いしたい。

 

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

今村奈良臣・東京大学名誉教授の【今村奈良臣のいまJAに望むこと】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る