2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

状況が分かる人物写真【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2022年7月2日

一覧へ

広報誌の連載ものでは農業者の人物紹介が多い。人の登場は読者の関心が高く、積極的に取り組むべきだが、この扱いは結構難しい。写真の場面や背景、紙面のレイアウトによってできあがりが大きく異なる。6月のJA広報誌から、特長のある人物紹介を拾った。

北海道の自然イメージ JAいわみざわ「いわみざわ」(北海道)北海道の自然イメージ
JAいわみざわ「いわみざわ」(北海道)

冬は雪景色、初夏のいまはタマネギの広い畑と、毎号ともそうだが、その時々の季節や作目、あるいはその地域の様子が分かるよう、周囲の環境をうまく取り入れている。遠方に山並みがあり、見るだけで北海道の自然をイメージできる。このため、腕組みした仁王立ちの姿も、背景と一体となって不自然さを感じない。
レイアウトも、背景の広い畑には文章を組み込み、うまくバランスをとっている。7月号は小麦、タマネギ、メロンをつくる若手農業者が登場。文章の長さもちょうどよく、二つに分けているのも読み易い。

女性の新規就農者を JAレーク滋賀「ゆいっと」(滋賀県)女性の新規就農者を
JAレーク滋賀「ゆいっと」(滋賀県)

人物紹介記事だが連載ではなく、「特集」で掲載している。新規就農で農園を立ち上げた女性で、栗東イチジクやイチゴを栽培し、今年から人気のあるシャインマスカットに挑戦、JAのチャレンジ農業塾で修行中だ。ほかにもサクランボ、スモモ、ビワなども作っているとのこと。人物や資金、技術などJAの支援も知りたい。
見開きのレイアウトで、広いハウスがよくわかる大きな横長の写真と下段の5枚の小さな写真の組み合わせのバランスもよい。特集にふさわしい記事だが、JA管内では女性就農者が増えているという。連載で紹介してもいいのでは。

ローアングルで JA新潟かがやき「かがやき」(新潟県)ローアングルで
JA新潟かがやき「かがやき」(新潟県)

カメラの撮影は、普段の目の高さでなく、下からあるいは上からの位置が、見る人の目を引く。特に人物のローアングルは、アップになるので、その人の表情を表現しやすい特長がある。「かがやき」の連載もの「今月のイケてる農家さん」にもその意図がうかがえる。下のハウス内の写真は、もう少し大きくしたい。
同じような構図の写真が表紙を飾っているが,せっかくなら少しアングルの違う写真を使いたい。JAは今年合併して、新JAとしてスタートしたばかり。知らなかった人との交流も増える。生産者をどしどし登場させたい。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る