Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コスモス国際賞はペイン博士 花博協会2013年8月2日

一覧へ

 公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会(今井敬会長)は、7月30日の理事会で、米国ワシントン大学名誉教授のロバート・トリート・ペイン博士(80)を2013年(第21回)コスモス国際賞の受賞者に決定した。

ペイン博士 コスモス国際賞は、「自然と人間との共生」の理念の発展に貢献し、地球的視点における生命相互の関係性、統合性の本質を解明しようとする研究活動を顕彰するために設けられた。
 ペイン博士は、生物群集の安定的な維持には捕食者の存在が欠かせないことを明らかにした。アメリカ西海岸で、海岸に生息するカサガイなど複数の種類からなる生物群集から、植物連鎖の最上位の捕食者であるヒトデを除くと、群集全体が崩壊して、二枚貝の一種だけが残る事実を見つけた。
 これはわずか1種でも群集の安定に欠かせない場合があること、他の種にネガティブな影響を与える捕食者が、群集全体の維持に不可欠なことを、世界で初めて実験的に証明した。
 この地球を豊かにしているのは、さまざまな生き物の相互依存、相互作用の関係があるからだが、それは必ずしも協力や協調だけで成り立っているのではなく、食う・食われるや、競争関係も内在していることを明らかにした。生物の多様性を考える上での重要な指針を与えた。

(写真)
ペイン博士

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る