農政 ニュース詳細

2019.09.11 
平成30年田畑計の耕地利用率は前年並み91.6% 農水省調査一覧へ

 農林水産省は9月10日、「平成30年農作物作付(栽培)延べ面積及び耕地利用率」を公表した。

 調査結果の概要は次のとおり。

 田畑計の作付(栽培)延べ面積は404万8000haで、飼料作物、野菜などの作付面積が減少したことから、前年に比べ2万6000ha(1%)減少した。
 田畑計の耕地利用率(注)は91.6%で、前年並みとなった。

(注)耕地利用率とは、耕作面積を「100」とした作付(栽培)延べ面積の割合。30年は、耕地面積は442万ha(前年比2万4000ha減)に対する田畑計の作付(栽培)面積404万8000ha(同2万6000ha減)の割合。

 田の作付(栽培)延べ面積は223万6000haで、前年並みとなった。
 田の耕地利用率は93.0%で、前年に比べ0.1ポイント上昇した。

 畑の作付(栽培)延べ面積は181万2000haで、前年に比べ1万6000ha(1%)減少した。
 畑の耕地利用率は90.0%で、前年に比べ0.2ポイント低下した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ