左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

30年産米の民間在庫は79万t 農水省2019年10月1日

一覧へ

 農林水産省は、9月27日、平成30年産米の「産地別契約・販売状況(令和元年8月末)」と「民間在庫の推移(令和元年8月末)」を公表した。

 農水省は、平成30年産からの米政策の見直しで、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることにし、それに先立ち平成26年3月から、米の流通について、よりきめ細かい需給・価格情報、販売促進・在庫情報などの提供を行っている。
 今回、令和元年8月末現在の「契約・販売状況」「民間在庫の推移の状況」について、米の出荷・販売業者、団体などから同省に報告のあった内容を取りまとめ公表した。
 その概要は次のとおり。
▽契約・販売状況
 8月末現在の全国の集荷数量は286万t、契約数量は283万t、販売数量は243万tとなっている。
▽民間在庫の推移
 8月末現在の全国段階の民間在庫は、出荷・販売段階の計で79万tとなっている。

 調査結果は農水省ホームページで見ることができる。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る