農政 ニュース詳細

2019.10.01 
ナラシ対策69億円 30年産支払い実績一覧へ

 平成30年産の収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の支払い実績は69億円で、前年産より約14億5000万円増えた。支払い件数は約1000件増の1万9771件だった。9月30日農水省が公表した。

 北海道の米の作柄不良や全国的な大豆の収量の低下などがあったものの、平成30年産の米価が前年と同水準で推移したことで、補填総額は約68億9200万円となった。北海道が51億7400万円で、交付金の大半を占める。新潟県の5億2100万円が続く。


(関連記事)
交付金の申請減る ナラシ・ゲタ・水田直接支払い(19.10.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ