左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鳥獣対策活動で表彰候補を募集 農水省2019年10月3日

一覧へ

 農林水産省は、10月1日、これまで鳥獣対策に取り組み、地域への貢献が顕著であると認められる個人および団体を表彰する「令和元年度鳥獣対策優良活動表彰」の表彰候補の募集を始めた。

 野生鳥獣による農林水産業被害が全国的に深刻な状況となっている中、農水省は都道府県などと連携し各地での鳥獣対策を推進している。
 こうした中、同省では、農村地域などで鳥獣被害防止や捕獲した鳥獣の食肉(ジビエ)の利活用などに取り組み、地域に貢献している個人および団体を表彰し、これらの優良事例を広く紹介することで、さらなる鳥獣対策の推進を図ることとしている。
 表彰の概要は次のとおり。

◆表彰対象
 表彰対象者は、地域で鳥獣対策に貢献している個人または団体。
▽個人
 市町村の「鳥獣被害対策実施隊」(実施隊)の隊員や実施隊の活動に協力している者、市町村で活動している者で、都道府県内の市町村や集落などにおいて鳥獣対策への的確な指導・助言または継続的な参加により、地域への貢献が顕著であると認められる者
▽団体
 実施隊または実施隊と連携して活動している団体で、他の模範となるような鳥獣対策に継続的に取り組んでいる団体

◆表彰の内容
 農林水産大臣賞2点以内(被害防止部門(個人・団体)または捕獲鳥獣利活用部門(個人・団体))
 農林水産省農村振興局長賞6点以内(被害防止部門(個人・団体)または捕獲鳥獣利活用部門(個人・団体))
 令和元年度の表彰式は、2年2月頃を予定。

◆審査基準
 応募のあった活動事例から、実施要領の審査基準により各賞の選定を行う。審査項目は次のとおり。
▽地域一体的な活動
▽技術上の工夫
▽人材育成活動
▽広域的な活動
▽普及啓発活動
▽継続的な活動
▽活動の成果

◆応募方法
▽都道府県による推進
▽農作物野生鳥獣被害対策アドバイザーによる水支援

◆募集期間
▽都道府県による推薦の場合 11月22日
▽農作物野生鳥獣被害対策アドバイザーによる推薦の場合 11月29日

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る