左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福島県×あぐラボ共同でアイデアソンイベント  AgVentureLab2019年10月23日

一覧へ

 (一社)AgVentureLab(アグベンチャーラボ)は、10月28日の午後、福島の被災の状況や復興の現状を確かめ、AIやICT、ロボット技術などを駆使した未来農業によって抱える課題を解決し、福島県の農業を切り拓いていくためのアイデアソンイベント「来て。未来農業をふくしまからはじめよう。」を福島県と共同開催する。

AgVentureLabの室内AgVentureLabの室内

 東日本大震災および原子力発電所事故から8年7か月が経過する中で、被災地の福島県での復興は着実に進んでいるが、避難指示が出されたことや根強い風評が残ることなどから、農業復興に必要不可欠な担い手や販路の確保は他の被災地域に比べなお一層厳しい状況にある。
 今回のアイデアソンはテーマを「動き出した福島県の農業復興に、未来農業をビルトインするためのイノベーションとは」として行う。
 また、福島県産食材を用いた交流会で、産・学・官・民・金・言の各参加者に、福島の魅力を伝え、感じてもらって、議論や交流を深めることで、風化防止・風評の払拭への協力を呼びかけることとしている。

 イベントの概要は次のとおり。
▽日時 10月28日13時30分から
▽会場 Agventure Lab
▽住所 東京都千代田区大手町1?6?1大手町ビルヂング9階
▽主催 福島県、(一社)Agventure Lab

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る