Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

砂糖・でん粉の安定生産対策を  甘味資源作物対策JA主産道県代表者集会2019年11月28日

一覧へ

 甘味資源作物の主産道県である北海道・鹿児島県・沖縄県のJA中央会とJA全中は、12月2日に東京都内で「甘味資源作物対策JA主産道県代表者集会」を開催する。

 日本の甘味資源作物は、食料安全保障・国土保全上重要な戦略的基幹作物だ。しかしながら、近年、TPP11協定の発効など国際交渉の進展、自然災害の多発、高齢化や労働力不足など多くの課題が顕在化している。

 このため、生産回復・振興に向けた取り組みとともに、将来にわたって安心して営農に取り組むための経営安定対策などが重要だ。
 令和2年産甘味資源作物対策の決定にあたって、このような生産現場の実態をふまえた、砂糖・でん粉の安定生産の後押しがはかれるような万全の対策を確立するため、テンサイ・バレイショ・サトウキビ・カンショ生産者およびJA関係者による代表者集会を開催する。

 代表者集会の概要は次のとおり。
▽日時:12月2日(月)12時?13時
▽会場:都市センターホテル5階「オリオン」(東京都千代田区平河町2丁目4?1)
▽集会規模:北海道・鹿児島県・沖縄県の生産者、JA代表者など約200人
▽来賓予定者:各道県選出の衆・参与党国会議員(比例含む)、農林幹部議員
▽主な内容:
○主催者あいさつ
○代表要請(各道県中央会会長)
○来賓あいさつ(農林幹部議員、北海道・鹿児島県・沖縄県選出議員)
 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る