Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東南アジア技能実習生の実態調査踏まえフォーラム JICA2020年1月15日

一覧へ

 国際協力機構(JICA)は、技能実習生の多いASEAN6カ国(インドネシア、フィリピン、べトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー)で初めて、送出側で総括的な調査を行った。この結果を踏まえて16日、「外国人材の受け入れ×ODA」を考えるフォーラムを東京・麹町の同機構本部で開催する。

 技能実習生を送り出す途上国と、技能実習生を受け入れる日本の地域の間には信頼関係の構築と強化を通じた双方の持続的発展モデルが必要とされる。調査はこうした現状を把握するため、2019年9月から帰国した技能実習生への聞き取りを行った。

 
 調査の結果によると、総じて海外への労働人材創出に積極的ではあるが、各分野のライン省庁や関連機関との連携に問題があることがわかった。また、途上国からの労働人材創出が買い手市場から売り手市場に移りつつあり、送出先国として韓国や台湾など労働力が不足する競合国への労働人材送出が増えているという。

 このほか、来日前の日本語教育の質にバラつきがあったり、帰国した実習生へのケアが十分でないため就業や就職につながりにくなどの声も挙がった。

 今回のフォーラムでは、調査の中間発表と送出側から見た課題を解決するために必要なアクションやJICAへの期待などをパネラーが提言する。

<フォーラム概要>
▽日時:1月16日13時30分~16時(受付13時)
▽場所:国際協力機構本部(麹町)会議室228・229
▽プログラム
・外国人材の各国制度をとりまく状況と課題 中間報告
・外国人材に資する日本のODA
・質疑応答
・パネルディスカッション

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る