農政 ニュース詳細

2020.02.13 
在来種の美味しさをアピール 福井のそば、東京で「食する会」一覧へ

 福井県と福井そばルネッサンス推進実行委員会は2月12日、東京都内のそば店で「ふくいそばを食す会」を開いた。福井県は在来種にこだわったそばの生産に力を入れているが、知名度はいま一つ。食環境ジャーナリストの金丸弘美氏をコーディナーターに福井県のそばをPRした。

石臼に興味を示す参加者石臼に興味を示す参加者

 東京でも知られた神楽坂のそば店「九頭竜蕎麦」で開かれた「食す会」には、マスコミや料理研究家など、約30人が出席。池田清和神戸学院大学名誉教授(日本穀物科学研究会会長)が、ソバと健康、美容について話し、福井市の斉藤製粉所の斉藤稔氏が、福井県のそばの魅力をアピールした。特に同県の在来種のそばは、実を皮ごと石臼で挽いてそば粉にする「挽きぐるみ」が一般的で、味・香りの優れたそば粉になる。

 「食す会」では、細挽きのざるそばと、粗挽きの「越前おろしそば」を食べ比べた。同県でもっとも一般的な食べ方は、大根おろしと一緒に食べる「越前おろしそば」で、大根おろしとそばつゆの使い方にはさまざまなバリエーションがある。参加者は説明を聞きながら、それぞれの自分の好みに合わせて、越前そばを味わった。

 福井そばの魅力は素材のよさにある。長年、地元の風土に育てられた在来種を使う。現在、県には22種類の在来種が保管されており、「大野在来」、「丸岡在来」、「今庄在来」、「美山南宮地在来」などを選抜し、ブランド化を進めている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ