左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国際農研の岩永理事長がFAO顧問団メンバーに就任2020年2月28日

一覧へ

 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(国際農研)は2月27日、同センターの岩永勝理事長が、国連食糧農業機関(FAO)が新たに発足させる顧問団メンバーに就任したと公表した。

国際農林水産業研究センター(国際農研)理事長の岩永勝氏 同顧問団は、世界の飢餓撲滅に向けた戦略をFAO事務局長に提言する役割がある。

 岩永理事長は、顧問団メンバーとして、国際農研が行っている開発途上地域における農林水産業に関する研究活動、日本の農林水産業が持つ技術や経験に基づく助言と提言をFAOに行う。このため日本の技術や経験を世界の農林水産業の発展に生かすことが期待されている。

 FAOは、世界の農林水産業の発展と農村開発に取り組む専門機関であり、世界から飢餓をなくし、すべての人々が高品質で充分な量の食料を得られ、活動的で健康な生活を送ることができることを目標としている。

 2019年8月に就任したFAOの屈冬玉(チュー・ドンユィ)事務局長は、より良い生産、持続性、栄養状態と生活水準を、様々なパートナーとの協働により実現していくことをビジョンに掲げた。FAOの活動全般の改善に向けた戦略に沿って助言と提言を事務局長へ行うことを目的に、世界の農林水産業に関する有識者で構成する顧問団が発足した。

 顧問団は、岩永理事長のほか、世界中から選ばれた政府、大学・研究機関、NGOなどの有識者12人で構成されている。 顧問団は、これから4年間にわたり年1回以上の合同会議、事務局長とメンバーとの二者会談などを行う。第1回会合は、2月25日~26日にイタリア・ローマのFAO本部で行った。

写真:国際農林水産業研究センター(国際農研)理事長の岩永勝氏

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る