農政 ニュース詳細

2020.03.13 
農業者のノウハウ保護とデータ利活用促進へ 契約ガイドライン策定 農水省一覧へ

 農林水産省は、農業分野におけるデータの利活用促進とノウハウ保護に関するルールづくりのため、「農業分野におけるAI・データに関する契約ガイドライン」を策定した。

 スマート農業の普及には、農業者が安心してデータを提供できる環境を整備し、農業分野におけるビックデータやAIの利活用を促進する必要がある。そこで、データの提供者である農業関係者と農業機械メーカー、ICTベンダなど受領者などの間で交わす契約の考え方やひな形を示すガイドラインをまとめた。

 同ガイドラインは、平成30年12月に作られた「農業分野におけるデータ契約ガイドライン」に、AIに関する契約ガイドラインを追加した。

 AI製品・サービスの研究開発段階と利用段階における農業関係者のノウハウ・データなど利用権限に関する考え方や契約ひな形を示す「ノウハウ活用編(AI編)」と、農業関係者からのデータを研究機関や農機メーカーが受領する際の、農業関係者の利益に配慮した契約ひな形等を示す「データ利活用編(データ編)」の2編から構成されている。

【農業分野におけるAI・データに関する契約ガイドライン】

ガイドラインの概要ガイドラインの概要

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ