農政 ニュース詳細

2020.03.25 
上白糖・グラニュー糖など184万tと微増 令和元年度消費量見通し 農水省一覧へ

 農林水産省は3月24日、令和元砂糖年度および同年度4〜6月期における砂糖および異性化糖の需給見通しを作成した。

消費量の見通しと供給量の見通し消費量の見通しと供給量の見通し

 同省は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、砂糖などに関して適切な価格調整を図るため、四半期ごとに砂糖および異性化糖の需給見通しを作成している。

 
 これによると、令和元砂糖年度および同年度4〜6月期の消費量の見通しは次のとおり。
▽分蜜糖(上白糖、グラニュー糖など)
 令和元砂糖年度の分蜜糖の消費量の見通しは、近年の消費動向などを総合的に勘案し、184万t(対前年0.3%増、5000t増)となった。
 また、4〜6月期の見通しは、近年の四半期別消費動向を踏まえ47万5200tとなった。

▽含蜜糖(黒糖など)
 令和元砂糖年度の含蜜糖の消費量の見通しは、近年の消費動向などを総合的に勘案し、3万9000t(対前年8.3%増、3000t増)となった。
 また、4〜6月期の見通しは、近年の四半期別消費動向を踏まえ1万700tとなった。

▽加糖調製品
 令和元砂糖年度の加糖調製品の消費量の見通しは、近年の消費動向などを総合的に勘案し、50万6000t(対前年2.5%減、1万3000t減)となった。
 なお、4〜6月期の見通しは、近年の四半期別消費動向を踏まえ12万3300tとなった。

▽異性化糖(ぶどう糖と果糖の混合液糖で主に清涼飲料に使用)
 令和元砂糖年度の異性化糖の消費量の見通しは、近年の消費動向などを総合的に勘案し、83万1000t(対前年0.8%増、7000t増)となった。
 4〜6月期の見通しは、近年の四半期別消費動向を踏まえ24万5300tとなった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ