農政 ニュース詳細

2020.03.26 
「酪農・肉用牛生産の近代化基本方針」で食農審畜産部会 農水省一覧へ

 農林水産省は、3月31日に「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」の策定などについて議論するため、「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和元年度第13回)」を開催する。

 今回開催する畜産部会は、酪農及び肉用牛生産の振興に関する法律に基づく「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」などについて議論する。
 会議は公開だが、会場の都合から別室にて音声による傍聴となる。
 概要は次のとおり。

▽日時 3月31日(火)14時30分〜16時

▽会場 三番町共用会議室2階大会議室(東京都千代田区九段南2-1-5)

▽議題
○「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」などに関する意見交換
○その他

▽傍聴可能人数 一般傍聴および報道傍聴をあわせて50人を予定。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、人数を調整することがある。

▽傍聴申し込み
○インターネットによる申し込みは、以下の申込専用フォームに必要事項を入力して申し込む。

【「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(令和元年度第13回)」傍聴申込】


 なお、この会議はペーパーレスで行われる。資料については、3月30日(月)17時までに農水省ホームページに掲載されるので、事前に傍聴者のノートパソコン・タブレットなどの端末に保存のうえ、当日持参するなどの必要がある。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ