左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食料の貿易制限は不可-WTO有志加盟国が共同声明2020年4月24日

一覧へ

 WTO(世界貿易機関)加盟の有志23か国・地域は4月22日、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにともない一部の国で食料の輸出規制を実施していることについて、貿易制限措置をとらないよう各国に呼びかける共同声明を発出した。

 日本も食料純輸入国の立場から共同提案国として参加した。

 声明では新型コロナウイルス感染症について、加盟国は「市民の健康と安全を確保することに今まさに集中して尽力すべきである」と強調し、パンデミックの危機を乗り越えるには、さまざまな分野で国際協力が必要で「農産物・食品の貿易に悪影響を及ぼさないことが極めて重要」と訴え、食料安全保障のため農産物、資材の流通を確保することが重要で、農産物への輸出規制は不可で、不当な貿易障壁も回避すべきと呼びかけている。

 そのほか貿易措置をとる場合のWTOへの迅速な通知と加盟国による検証の機会を設けること、農産物のサプライチェーンに関する最新情報の提供や国際機関による影響分析なども重要だとしている。

 共同声明に参加した23か国・地域は世界の農産物・食品の輸出の63%、輸入の55%を占める。参加国は以下のとおり。オーストラリア、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、EU、香港(中国)、日本、韓国、マラウイ、メキシコ、ニュージーランド、パラグアイ、ペルー、カタール、シンガポール、スイス、台湾、ウクライナ、英国、米国、ウルグアイ。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る