左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」、大阪初出店2020年5月11日

一覧へ

障がい者雇用支援コンサルティングを行うスタートライン(東京都三鷹市)は、屋内農園型障がい者雇用支援サービス、IBUKI(イブキ)の11拠点目となる「IBUKI OSAKA YAO FARM」を大阪府八尾市で開設した。


【IBUKI紹介動画】

同サービスは、天候の影響を受けにくい屋内型農園を活用した障がい者雇用の仕組みを、障がい者雇用を促進する企業に提供することで、企業の課題解決と障がい者の新たな働き方を創出する仕組みとして、2017年8月から始まった。障がい者がそれぞれの障がい状況に合わせた働き方に出会い、安心して就業できる選択肢の1つとなっている。これまで関東で100社以上の企業が利用し、550人以上の障がい者の新たな雇用が生まれ、NHK「おはよう日本」の特集では「障害者の働き方"新しいかたち"」として紹介された。

IBUKIのファーム内IBUKIのファーム内

IBUKIは、ハーブなど植物を栽培しハーブティーなどに加工したものを社内へ配布したり、ノベルティなどサービス利用企業によって様々な手段で活用されている。FARM内は、安心して働くことができる環境を維持するため、同社の障がい者雇用支援コンサルタントが常駐してサポートしている。

「IBUKI OSAKA YAO FARM」は新たにサービス利用企業を通じて約45人の障がい者の雇用を予定している。

IBUKIで栽培したハーブを使ったノベルティIBUKIで栽培したハーブを使ったノベルティ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る