左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

外国法人等の森林取得、昨年1年間で62件-農水省調査2020年5月14日

一覧へ

農林水産省は、昨年1年間(平成31年1月1日~令和元年12月31日)の外国法人による森林買収について調査し、結果をまとめた。

外国法人等の森林取得


それによると、外国法人・外国人・外資系企業等の森林買収事例は全国合計で62件あり、総取得面積は451haだった。

このうち、「居住地が海外にある外国法人または外国人と思われる者」による森林買収の事例は全国で31件あり、総取得面積は163ha。また、「国内の外資系企業と思われる者」による森林買収の事例は全国で31件、総取得面積は288haだった。

「居住地が海外にある外国法人または外国人と思われる者」による森林買収は、北海道が26件で最も多く長野県が2件、愛知県・福岡県・沖縄県が各1件となっている。市町村別では北海道ニセコ町が9件で最多。面積別では、北海道洞爺湖町のサモア法人による取得(日本法人との共有)が93haで最大だった。

平成18年から令和元年までの累計では、「居住地が海外にある外国法人または外国人と思われる者」による森林買収は、全国合計で264件あり総取得面積は2305ha。また、「国内の外資系企業と思われる者」による森林買収は、全国合計で201件あり総取得面積は5255haとなっている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る