Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

担い手への農地集積率57.1%-2019年度農水省まとめ2020年6月30日

一覧へ

農林水産省は6月26日、農地バンク(農地中間管理機構)による担い手への農地集積状況を公表した。

全耕地面積に占める担い手の利用面積のシェア

農地バンクを創設した2014年以降、担い手への農地集積は徐々に進み、2019年度は前年より2.3万ha増加し、担い手への集積率は57.1%となった。

農地の転貸面積は2014年には2.4万haだったが、2019年には25.4万haとなった。2019年度は2.3万ha増え、そのうち農地バンクによる転貸面積は1.5万haとなっている。


人・農地プラン実質化の取り組み状況

農林水産省は2023年に担い手への農地集積率を8割とすることを目標としている。そのため農地集積・集約の加速化に向けて地域の未来の設計図である「人・農地プラン」の実質化に取組むことが求めれている。「実質化」とは、地域内の農業者の年代分布状況や後継者の有無などをアンケートで把握し、その結果を地図上に示していくなどの取組みだ。地図をもとに5年先、10年先に農地を誰に担ってもらうかを話し合っていく。農水省は農地の出し手の個人名までプランに記載することを求めていないが、農地の利用状況を地図化することで地域の共通課題が関係者で認識され話し合いが真剣になると見込む。同省は令和2年に全集落で人・農地プランの実質化への取り組みを行うことを目標としている。

農水省によればすでに実質化されている地区は1万8826地区で農地面積は180万ha。工程表を作成して実質化に取り組む地区が4万8790地区で農地面積は212万haとなっている。

農水省は今年度に集中的に推進し、実質化されたプランを核に担い手への農地の集積、集約化の具体化を順次進める方針だ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る