Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

英国・南米の6000農場でリモート審査完了 ロイドレジスター2020年7月9日

一覧へ

世界最古の船級協会である英ロイドレジスターは、過去6年で英国・南米の6000農場のリモート審査を完了したと発表した。

ロイドレジスター

審査はロイドレジスター食品保証監査員が行ったもので、あらゆるテクノロジーを駆使して実施したもの。

ロイドレジスターの農業担当責任者は、「当初リモート審査を気軽に採用したのは、比較的テクノロジーに精通した若い農業生産者たちだったが、現在では年齢の高い世代にも同じ動きが見られる。多くの農業生産者がリモート審査のメリットを理解し始めている。リモート審査には、種に固有のバイオセキュリティ要件やロケーションの地理といった課題を克服できるメリットもある」などと述べている。

また、「リモート技術を利用することで、根本原因解析と修正措置の実施を受けて加えられた改良を監視できる。最終的に農業生産者にかかる現場での審査負担が軽減され、スキームや規格の完全性がより効果的に守られる」としている。
ロイドレジスターは船級協会として、保険対象となる船舶や装備品の検査制度確立に貢献。世界最高峰のエンジニアリング力と技術力を生かし、現在では多様な専門的サービスを提供する組織として活動している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る