Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林水産被害920億円-令和2年7月豪雨2020年7月27日

一覧へ

農林水産省のまとめによると令和2年7月豪雨による農林水産関係の被害額は7月25日13時時点で920億円となっている。都道府県からの報告の同時点でのとりまとめであり、引き続き調査をしている。

冠水したデコポンハウス

熊本県人吉・球磨地域と芦北地域、鹿児島県北薩地域などで河川の氾濫や土砂崩れなどで甚大な被害が出ていることが確認されている。

農作物の被害は25府県から報告があり7000haで25億円となっている。水稲、大豆、ニンジン、トマト、キュウリ、カボチャ、ナス、はっさく、葉たばこなどに被害が出ている。果樹ではモモ、ブドウ、ゆず、栗の樹体に被害があり、3000万円となっている。畜産では牛、豚、鶏の斃死が13万5000頭にのぼり2億7000万円の被害額となっている。

農業用ハウスと附帯施設の損壊は254件、2億円となっている。共同利用施設の損壊や浸水は102件あり被害額は54億円となっている。これら農作物などへの被害は126億8000万円となっている。

農地の損壊は7700か所187億円、農業用施設は4900か所174億円で合計で362億円となっている。

林野関係は林地荒廃が890か所296億円、林道施設3700か所106億円など、あわせて423億円。

水産関係は漁船(15隻)、養殖施設(20件)、水産物(25件)などに7億円の被害が出ている。

農林水産関係の被害は合計で920億円となっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る