Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

一流講師に学べるオンライン木造建築講座開催 高知県立林業大学校2020年7月28日

一覧へ

建築家の隈研吾氏が校長を務める高知県立林業大学校(高知県香美市)は、オンラインによる木造建築講座を9月から10月にかけて開催。中大規模建築物の木造化が広がりつつある中、これからの木造建築に関心をもつ建築実務者に向けて、全4回の公開講座を行う。

一流の講師陣が登壇

講座のテーマは2つ。テーマ1の「木造の最前線から」では意匠・構造それぞれの立場から、テーマ2の「森と都市をつなぐ木造建築」では、森林と都市の関係からこれからの木造建築を学ぶ。
講師には、高知県立林業大学校特別教授(防耐火設計)の安井昇氏、芝浦工業大学名誉教授の三井所清典氏をはじめ、経験豊富な一流の講師陣が登壇。「木造の最前線から」と「森と都市をつなぐ木造建築」の2つのテーマで、合計4回の講座を行う。
開催は、WEB会議システムZoomを活用した少人数制のオンライン講義で、受講生の視点に合わせた講義を展開。質疑応答の時間には、講師に直接質問できる。


◆「高知県立林業大学校 オンライン木造建築講座」開催概要

主催:高知県立林業大学校
後援:国土交通省/林野庁/公益社団法人日本建築士会連合会
日時:(テーマ1)9月4日、18日 19時〜21時30分、(テーマ2)10月9日、30日19時〜21時30分
開催形式:オンライン開催※ WEB会議システムZoomを使用予定
参加費:無料
定員:30人(先着順) ※要申込・定員になり次第締切
申込締切:各回開催1週間前まで

イベント詳細・申込

◆高知県立林業大学校

森林率日本一の高知県で、林業、木材産業、木造建築の各分野で、基礎から専門的な技術までをしっかり学べる学校。即戦力として活躍できるスペシャリストを育てるため、豊富な実習時間を確保した実践的なカリキュラムが特長で、最大165万円(年間)の給付金を支給する支援制度を整備している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る