想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

果樹カメムシ類の被害を確認 山形県病害虫防除所 発生状況の確認と注意を呼びかけ2020年8月26日

一覧へ

山形県病害虫防除所は8月24日、果樹カメムシ類による被害を広域で確認したと発表した。今後シーズンを迎える台風通過後に飛来が増える傾向にあり、園内の十分な見回りなどで発生状況を確認するよう注意を呼びかけている。

被害果(左)と切断面(右)被害果(左)と切断面(右)

庄内地域で栽培されている「柿」で発生を確認したもので、8月後半(17~20日)に4つの地点で実施した巡回調査と、5つの地点で実施した特別巡回調査の結果分かった。山際に近いほ場を中心に広範なエリアで被害が確認されている。

8月中旬に行ったクサギカメムシの誘殺数は平年より20頭以上多い75頭、チャバネアオカメムシも20頭以上多い47頭となり、鶴岡市の地区予察ほ場においても平年より5頭ほど多い14頭という結果を得た。

果樹カメムシ類の園内への飛来は、気温や湿度が高い日や、台風通過後に多くなる傾向があり、同防除所は「園内を十分見回り、規制状況や被害果の発生状況に注意すること」と呼びかけている。収穫期までの長期間にわたって加害は続くことから、定期的な園内見回りを防除対策として示している。

また、成幼虫が寄生していたり被害果が確認されたりした場合は、農薬の使用基準を順守し、収穫時期を考慮しながら薬剤散布を行うとしている。近隣地や周辺作物に飛散しないよう注意し、農薬使用後の防除日誌記帳も忘れないよう促している。

【山形県病害虫防除所】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る