Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

令和2年度 農福連携支援研修の受講者を募集 農水省2020年8月31日

一覧へ

農林水産省は、農福連携を実践したり支援しようとする人が農福連携を総論的に学べる機会として、農林水産研修所つくば館水戸ほ場(茨城県水戸市)で、農福連携支援研修を実施。受講者を募集している。

農福連携は、障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取り組み。政府は、平成31年4月に省庁横断の「農福連携等推進会議」を設置し、令和元年6月には今後の取り組みの方向性を「農福連携等推進ビジョン」として決定するなど、農福連携を強力に推進している。

研修は、農福連携を実践したり支援する方に向けた総論的な内容。農福連携の取組事例、支援策、農作業の医療的効果などを広く座学形式で紹介し、農福連携の取組事例は、各対象に応じて実践しやすいものを取り上げる。

また、グループ演習を通じて、他の受講者と情報交換することもできる。
対象は、「自治体職員・普及指導員・JA職員」「障害福祉サービス事業所職員」「農業者」。開催日程は次の通り。定員は各回とも12人。受講は無料。

<開催日程>
(1)自治体職員、普及指導員、JA職員を対象(10月19日~21日)※9月23日申込締切
(2)障害福祉サービス事業所職員対象<第1回>(11月10~12日)※10月13日申込締切
(3)障害福祉サービス事業所職員対象<第2回>(12月14~16日)※11月16日申込締切
(4)農業者対象(令和3年2月15~17日)※令和3年1月18日申込締切

申込は、受講申込書に必要事項を記入の上、申込先に電子メール(nouhukukensyu@maff.go.jp)で送付する。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る